笑顔のサーカス団物語

あるサーカス団の物語です。


昔々、サーカス団がありました。今ではサーカスと言えばだれでも
どんなものかは理解できると思います。


でも、この時代はサーカスという言葉もなければ、どんなものか知
っている人もいません。

そこでそのサーカス団がある街でサーカスを興業することになりま
した。

すごく大がかりなサーカス団でしたので、お客様を呼ぶにも、お客
様を呼ぶためのパンフレット作りのために業者に依頼するにも、会
場整理のバイトを雇うにも、サーカスというものはどんなものか説
明する必要がありました。

始めは「人間が空を飛んで、トラが炎の枠を潜り抜け・・・」と説
明するのですが、「何だそれは・・・」と誰にも理解してもらえま
せん。

理解してもらえない以上、なかなか人も集まりませんし、運営もう
まくいきません。

でも、サーカス団の団長はぜひともサーカスを成功させたかったのです。

それは「娯楽のほとんどないその土地の子供たちにも大人にも、
サーカスというものを見てもらうことによって、楽しみを持って
もらいたい
」という思いがあったからです。


なかなかうまく運営が行かない時に、ある村人にこのを話をします。

すると、その村人は、「人が空を飛ぶというのは意味はわからないが、
団長のその思いはよくわかる。協力しよう」と言います。

そこからです。団長の思いがどんどん他の人にも伝わり始めます。
すると協力者がどんどん現れます。

そして、「村人に楽しみを持ってもらう」という共通の目標の元、
皆で協力し会って、サーカスは大成功を収めていくのです。
その村は、運営した団長も、団員も、協力した村人も、お客様で
ある村人もみんなが笑顔になったのです。



あなたが、経営者だとしたら、この団長のように「思い」を皆に伝えていますか?

あなたが、従業員だとしたら、この団長のような「思い」に賛同し協力ますか?

あなたが、お客様だったら、「単に人が飛ぶショー」を見たいですかそれとも、
「皆を楽しませたい」という思いがある「笑顔のサーカス団」を見たいですか?


(この物語はフィクションです。)

続きを読む

笑顔の会社物語(居酒屋編)

ある街にこんな居酒屋さんがありました。

そこのオーナーは、従業員やバイトは有効に使わないと意味がないという
合理主義者

しかも気分屋で、調子が良い時は楽しく話すが、自分の虫の居所が悪いと
意味なくピリピリ状態。それは、お客様に対しても同じ。

正社員がバイトの管理をしているのだが、バイトの定着率は悪く、いつも
オーナーから怒鳴られている。
しかし、バイトがなぜ辞めているのかを考えないオーナー。

実は、オーナーは店に来るのは2日1度くらい。しかし、そのたびに社員や
バイトを怒鳴り散らすのみ。お客様の目の前で怒鳴るので、お客様も非常
に居心地が悪く客離れがしている


そんなピリピリムードの店舗で仕事をしたくなくてバイトも止めていくの
で、残ったバイトに対してどんどん仕事に入れとオーナーは言うが、その
割に、バイトに入ってもその日、暇だと1時間で返されることもある。

これでは、せっかくバイトのために日程を開けて家からの往復の時間をか
けてきたのに、1時間分の時給のみ。

オーナーは暇だから利益を出すためには仕方がないと思っているが、また
バイトは辞めていき、いつには社員にも見放されていき、もちろんそんな
雰囲気の悪いお店にお客様も来なくなり。。。。


その居酒屋さんの近くに、別の居酒屋さんがありました。前出の居酒屋さ
んより駅から遠く立地は悪いのですが、いつも繁盛しています。

そこのオーナーは、まずは働いている社員とバイトにも誇りを持って仕事
をしてもらえるように、何のためにお店をやっているかを話しています。

そのため、社員もバイトも単にお金のためだけでなく意義をもって働いて
いるのです。ですので、バイトの定着率も高く、それゆえにお客様への接
客もどんどん向上していきます。

お客様も高い水準で接客してくれるお店で、しかもオーナーもその社員、
バイトも真剣に、楽しく仕事をしているので、その雰囲気が伝わってきて
居心地が良いのです

こうしていつもお客様でいっぱいのお店になっているのです。

あなたが経営者なら、どちらの居酒屋のオーナーになりたいですか?

あなたが従業員なら、どちらの居酒屋の従業員になりたいですか?

あなたがお客様なら、どちらの居酒屋に行きたいですか?

(この居酒屋さんは両方ともフィクションです。念のため)


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。