笑顔の部下育成物語

ある会社のお話です。

その会社の経理部長さんは、いつも部下を怒ってばかり。
仕事の内容だけでなく、ちょっとしたことからガミガミ。

その部長さんの部下は委縮して、いつもオフィスはピリピ
リムード。給与はある程度高いので、社員の定着率は悪く
はないが、バイトや派遣社員が来ても長続きしない

部長さんはいつも「バイトや派遣社員は責任感がないから
役に立たない」と思っている。

そう考えているため、バイトや派遣社員が辞めるたびに、
募集かけたり面接したり、教えたりしている。

忙しくて、バイトや派遣社員を雇っているのに、余計忙
しくなっているようだ。
つまりは、余分な時間、経費を使っている。)


その会社の総務部長さんは、いつも笑顔でニコニコして
いる。そして、休み時間などは部下と笑い話で盛り上がる。

しかし、ニコニコしているからと言って、部下を遊ばして
いるわけではない。

しっかりそれぞれの仕事について、どんな意味があって
その仕事をしているか説明するし、部下のアイデアも
どんどん出させてそれを採用することもしばしばある。

部下たちは、自分の仕事の意義を分かっているし、自主性も重んじられているので、やる気がわいている。

さらに、バイトや派遣社員も同様。

雇用形態の違いだけで、同じ仲間だし、同じ仕事をして
もらう。」とバイトや派遣にも同じように接する部長。

バイトや派遣社員も社員と同じ仕事をすることに、責任の
重さも感じるが、やはり任せられるというのは人をやる気
にさせる。

この総務はバイトや派遣社員も定着率が良く、少ない人員
で仕事をこなしている。(余分な経費がかかっていない。)

あなたが社長なら、どちらの部長さんに自分の会社にいてほしいですか?

あなたが部長さんなら、どちらの部長さんになりたいですか?

あなたが部下なら、どちらの部長さんの下で働きたいですか?
(この会社はフィクションです。)

笑顔の経営とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。